日常

あゝ、わが故郷 2020/7/12

 

米が少なくなると、いつも徳島の実家から送ってもらう。

 

いつも米を送ってもらうように頼むのだが、

毎回プラスαがダンボールいっぱいに詰め込まれてくる。

今回は、米、かぼちゃ、玉ねぎ、ピーマン、パプリカ、すだち、みかん、

コーンフレークと、よりどりみどり、盛りだくさんだった。

実家で作った野菜がほとんどだろう。

 

高校までは実家暮らしで、ごく当たり前だった農家の風景。

それが今はもう大阪に来て9年目。

このピーマンの香りで、一気に霞んでいた昔の風景が脳裏に蘇った。

 

雨上がりの夏の暑い日、裏の畑で感じたにおい。

これだなあ。これだったよなあ。

故郷から離れたこの地で、

我が故郷に想いを巡らせる。

 

-日常

© 2020 箱入り息子のひとりごと Powered by AFFINGER5