プレイバック

プレイバック    2015/7/25

僕の記憶はいつも、あいまいでしかない。

 

記憶の中には、 はっきりピントの合っているモノ、ヒト、 それは全くない。

 

 全てがぼんやりとしか残っていなくて、

だから僕は写真の力を使って 記憶しようともがいているのだと思う。

 

写真は嘘はつかない。

ピンボケの中で生きている記憶たち。

 

彼らは完全に失せることはなく、

僕の写真の中で再び、

生きる意味を知る。

 

大阪.天神橋筋

 

いつも記憶ってこんなで、

雰囲気しか思い出せない。

 

写真は偉大だと思う。

写真がなかったら、

思い出を共有することは難しい。

 

-プレイバック

© 2020 箱入り息子のひとりごと Powered by AFFINGER5