プレイバック

プレイバック かかってきなさい 2014/5/4

青島行きのフェリーに乗れずに途方に暮れていると、

同じく青島に行けなかったご家族が、

香川県の猫の島「男木島」に一緒に行きませんかと、誘ってくれた。

立派なキャンピングカーで、高速とフェリーで約4時間の道のりを

ご一緒させていただいた。

 

その道中で、専門学校時代の写真集を見てもらったり、

作品の話をしたりして、久しぶりに人に見てもらえる喜びを感じた。

本当に人と繋がれることが嬉しかった。

 

こんな素敵な出会いがまたあるといいな。

猫とも遊べたし、大満足。

香川.男木島

 

 

この時に僕を男木島に連れて行ってくれたご家族との

記念写真は、今でもずっと僕のパソコンのそばに飾ってある。

後から聞くと、フェリー乗り場で写真を撮っていたのを見ていてくれて、

「何か面白いことをやっている人がいるなあ」と思っていたそう。

フェリー乗り場の撮影後、たまたまキャンピングカーのご家族と話をして、

ご家族のワンちゃんを撮らしてもらい、名刺を渡していた。

僕は行くあてがなかったので、海岸線に沿って歩いてその場を後にしたのだが、

しばらくして気付いたら不在着信があり、

留守電に「よかったら香川まで行きませんか?」とメッセージを残してくれていた。

それで慌ててフェリー乗り場に引き返したのを今でも鮮明に覚えている。

 

知らない人と繋がれること、

これが写真をやっていて一番嬉しいと思う。

フェリー乗り場もそうだが、

この旅は僕にとって忘れられないものになった。

やっぱり旅はやめられないなと思った。

-プレイバック

© 2020 箱入り息子のひとりごと Powered by AFFINGER5