プレイバック

プレイバック たまらーん 2018/5/20

今日大きな公園に来たのはバドミントンをすると共に、

先日購入した望遠レンズを試すという目的もあった。

 

わくわくしながら実際に使ってみると、

そのレンズは現行のニコンの望遠の最新レンズというだけあり、

描写性能といい、AFスピードといい、ボケの滑らかさ、見ため、

どれをとっても非の打ち所がないレベルに感じた。

本当に惚れ惚れするレンズだ。

 

その素晴らしさに、たまたま写り込んだ子供でさえこの満足げな表情。

実に恐ろしいレンズである。

 

 

大阪.豊中市

 

写真好きなら誰もが憧れるであろう、

キャノンやニコンの大三元と呼ばれるF2.8通しのレンズたち。

僕もいつの日か手に入れたいと思っていただけに、

喜びもひとしおだった。

 

ゆくゆくは3本とも揃えたいとか言う野望もあったが、

今ではもうそんな野望も無くなった。

いいレンズでズームだからこそ、重いのだ。

大三元は重さがネック。

 

この時は本当に写りに感動したけれど、

年々重い機材はきつくなってきた。

軽ズームレンズ1本あればいいんじゃね?

行き着く先はそこかもしれない。

写真は機材が全てではないのだ。

いい機材はモチベーション上がるけどね。

 

-プレイバック

© 2021 箱入り息子のひとりごと Powered by AFFINGER5