プレイバック

プレイバック イノチハ ウタウ 2021/5/4 

初夏から秋口にかけて、よく家の網戸に付いていた虫、

チョウでもなければ、ガでもなく、バッタでもハエでもない、

少し変わった存在だったその虫の名は 「カゲロウ」。

大阪では見たことない。

 

実はこの虫は生態もかなり変わっていて、

川の中で幼虫として2年くらい過ごし、地上に上がって羽のある成虫になるのだが、

なんと成虫になってからの寿命は数時間。

口も腸もないため、水もエサも取らない。

なぜすぐ死ぬのに成虫になるのかというと、それは、交尾するため。

一斉に成虫になって、交尾をするためだけに残りの数時間の命を燃やし尽くす。

 

おびただしい数のカゲロウたちが奏でる命の歌は、圧巻の一言。

 

 

徳島.阿南市

-プレイバック

© 2021 箱入り息子のひとりごと Powered by AFFINGER5