プレイバック

プレイバック ジミにショック 2020/6/27

5年くらい前にたまたま見つけた、1994年のwinter モデル。

僕が生まれたまさにその時期のモデル。僕と同じ26歳。

この時計は、26年前から時を刻んで、同じ時間を生きてきた。

見つけた時は、それはそれは感動して、いつも休日にはつけて出かけた。

 

しかし最近はコロナで外出もなくなり、しばらく置きっ放しになっていたのだが、

ふと見ると表示が消えていた。

ソーラーなので光に当ててみたが、復活することはなかった。

仕事を辞めたタイミングで、彼は時を刻むのを止めてしまった。

また仕事を始めて、コロナが収まって、妻と出かけられる休日がきたら、

また一緒に彼を太陽のもとに連れ出したい。

ちゃんと修理して、その日のために、またがんばらなきゃ。

 

 

大阪.豊中市

-プレイバック

© 2021 箱入り息子のひとりごと Powered by AFFINGER5