プレイバック

プレイバック 悲しみは雪のように    2017/1/15

君の肩に悲しみが雪のように積もる夜には

心の底から誰かを愛することができるはず

孤独で君のからっぽのそのグラスを満たさないで...

 

あなたが僕の過去も、そして現在も受け入れてくれたみたいに、

僕も、あなたの過去も、そして今のあなたも受け入れて生きていたい。

つらい過去、悲しいことばかりがあなたをずっと苦しめてきたんだね。

過去を話してくれた後「嫌いにならないで」ってあなたは言った。

 

文字でした会話だったけれど、あなたの、

不安で怯える顔が浮かんできて、やりきれなくなった。

 

僕はすぐにあなたを安心させる術を知らない。

 

時間はかかるかもしれないけれど、とにかくあなたを、

どうにか安心させてあげたい、心からそう思う。

 

これからは幸せや喜びは2倍に、

悲しみや悩みは半分こできたらいいよね。

 

もう、僕らは1人じゃないんだから。

 

 

大阪市淀区西三国

今思い出しても、胸が苦しくなる。

若かった僕には大きな試練だった。

誰かを愛するということは、

全てを受け入れてやさしく包み込むこと。

その覚悟を持つこと。

 

 

 

 

-プレイバック

© 2021 箱入り息子のひとりごと Powered by AFFINGER5