プレイバック

プレイバック 意外とウケがいい?!   2016/11/4

 自分1人でひたすら進んできた道。

はっきり言って他の人に受け入れられるか不安だった。

でも、自分が思っていた以上に、ウケはいいのかも。

 

僕の写真集を見てくれている方に、

「こんにちは」って話しかけたら、

「あっ!もしかして!」って返ってくるのが、

少し有名人になったみたいでなんだか嬉しかったりする。

そして何より、僕の写真で笑顔になってくれる人を見ていると、

1人で歩んできた道も、間違ってはいなかったのかもなって、

しみじみ感じる。

もう少し、歩みを止めずに、進んでみようかな。

 

 

兵庫.デザインクリエイティブセンター神戸

 

写真の専門学校を卒業して普通に仕事をしていると、

自分の写真を通じて誰かと話すことなど無いに等しい。

この時の展示は、専門学校以来の展示だった。

 

僕は日常生活で人と話すのは苦手だが、

自分の写真を通せば、ある程度他人と話ができると思っている。

自分の写真の話をするってことは、自分の話をするのと同じ。

普段は言葉足らずで不器用なだけで、

実は目立ちたがり屋で、

自分のことを少しでも他人に知ってもらいたいと思っている。

 

写真と出会えたことは、ある意味、

そういった欲求を満たしてくれる

ベストな表現手段と出会ったようなものだ。

いつしか写真は僕の言葉となり、

そして、僕自身になっていた。

 

-プレイバック

© 2021 箱入り息子のひとりごと Powered by AFFINGER5