日常

不自由軒 2020/10/11

 

自由と不自由はいつも背中合わせ。

 

最近イラストの仕事が順調に進んでいるように見える嫁。

いろんなところから声をかけられて、

イラストを描いているのだが、

今回悲しいことがあったようだ。

 

嫁にイラストを依頼してきた側がいろいろ指示を出してきたそうだが、

指示通りに描いていくと、結局嫁のゆるふわテイストとはほど遠い、

一見嫁が描いたとは思えないテイストになったそう。

それでOKが出て納品したそうだが、

結果あまり売上が芳しくなく、なんと嫁に文句を言われたそう。

 

「こんなんじゃ私じゃなくてよかったのに。。。」

嫁の悲痛な叫びだった。

 

嫁の普段のイラストを見て仕事を依頼してきたはずなのに、

クライアント側が言う通りにしたらテイストが別人になって、

そのイラストに文句言われてもどうしようもない。

 

嫁は自由にイラストを描いていきたい気持ちが強いが、

依頼された仕事では結構不自由になってしまう。

イラストを描く人にはよくあるのかもしれないが、

今回は辛い気持ちになってしまった。

 

今回は向こうが悪い。

そう言い聞かせて次に進むしかない。

 

 

-日常

© 2020 箱入り息子のひとりごと Powered by AFFINGER5