箱入り息子の半生

「幼稚園では絶対に喋れへん!」って親に謎の宣言をした幼稚園時代。

幼稚園からの流れで、クラスメイトと一言も喋らずに過ごした小学校時代。

少し喋れるようになったが、基本的に教室の隅で

本ばかり読んでいた中学校時代。

幼馴染達とは違う高校に行き、友達の作り方がわからず、

常に受け身で過ごした高校時代。

 

本当はもっと喋りたかったし、

本当はもっと目立ちたかったし、

本当はもっと自分を知って欲しかったし、

本当は、もっと伝えたかった。

 

...その気持ちとは裏腹に、僕の言葉は、出てこなかった。

 

そんな僕が、高校で進路を決めるとき、偶然か必然か選んだ道。

それが、写真という生き方だった。

 

僕の言葉ではできなかったことを、写真という言葉はやってのけた。

 

写真という言葉を通じて、初めて自然に友達ができたし、恋人もできた。

写真という言葉は、いつの間にか僕の言葉になっていた。

写真なら自分を伝えられる気がする。

僕は、教室の隅っこなんかよりも、

もっともっと「僕らしい居場所」を見つけた。

© 2020 箱入り息子のひとりごと Powered by AFFINGER5